交通事故のケガでの整形外科と接骨院の【 より良い通院法 】

交通事故のケガにはそれぞれの強みがあります

文責 院長 牧村康広

更新日:R2,3,31

 交通事故に見舞われた時、整形外科に行くか、それとも接骨院に行くかで迷われる方もいらっしゃるかと思います。

 結論から申し上げますと、交通事故に見舞われた方へのおすすめは『 整形外科接骨院 』の両方に通っていただくということです。

 同じ日に両方に通院することはできませんが、違う日であれば並行しての通院は可能です。

 『 整形外科接骨院 』では、交通事故でのケガに対してできることや得意としている分野が異なります。

 そのため、ケガを一日でも早く事故前の状態へ戻すためには、両方にバランスよく通っていただくことがよいと考えております。

 こちらのページでは、『 整形外科接骨院 』の違いや、それぞれが得意としていることをご説明いたします。

交通事故のケガで整形外科が得意としていること

 整形外科の交通事故のケガに対して一番の強み 』

 医学的な検査をしっかりとおこなうことができる点があげられます。

 レントゲンCTMRIや、必要に応じて血液検査などを受けることにより、体表面からは確認できない損傷部や炎症反応を確認することができます。

 筋肉や靭帯の損傷に関してはレントゲンに写らないことがありますが、それでもこうした検査を受けておくことはケガの早期発見のために非常に重要です。

 

整形外科では医師に必要書類を作成してもらうことができます。 』

 気になる痛みなどを医師に伝え、カルテに記載してもらうことにより、その内容が後々『 交通事故が原因のケガ 』としての証拠として重要な意味を持つ場合があります。

 また、痛みが強い場合には、痛み止め湿布注射などによって緩和を図ってもらうということも可能です。

 

 ただ、これらの方法で直接筋肉の損傷が修復するというわけではないため、痛みが緩和したからといって無理をしないよう注意することが必要となります。

交通事故のケガで接骨院が得意としていること

 『 接骨院の 交通事故のケガに対して強い点 1 』

 交通事故のけがに対してカウンセリング徒手検査により、

レントゲンでは確認できない痛みや機能低下の原因をみつけだすことが可能です。

※ レントゲンでは写らないような筋肉・靭帯などの損傷についても、技術や経験のある柔道整復師は触って・徒手検査することで見つけ出すことが可能なことが多いです

 『 接骨院の交通事故のケガに対して強い点 2  』

 接骨院では「 事故のケガ痛み 」に対し、薬や注射以外の対応方法を持っています。

 ① いちょう通り接骨院の場合は、特殊医療機器「 立体動体波ハイボルテージ微弱電流 」により、炎症や痛みを和らげます。( 薬では無いため副作用はありません。)

 ② いちょう通り接骨院では痛みが緩和した後、特殊医療機器で損傷した組織を修復し、その後特殊医療機器専用手技を用いて関節や筋肉を働かし易く機能的な状態にし、交通事故前の正常なお身体へ導いていきます

 ※必要に応じて頚椎カラー包帯テーピング等の処置をおこないます。

 

 

 

 

 

 

交通事故のケガでの整形外科・接骨院の利点を活かした通院法

整形外科接骨院には得意としている分野が違います。 』

 各務原のいちょう通り接骨院では両院の利点を活かした通院法をお勧めしております。

 「 整形外科でレントゲンやお薬 」を、「 いちょう通り接骨院でケガの修復とお体の機能回復を目指した施術 」をお受けいただくことで、一日も早く健全な日常生活に復帰していただきたいと考えております。

 

 接骨院への通院や交通事故のケガなどについて、何かご不明な点がありましたら、お気軽に各務原のいちょう通り接骨院( 058-322-6201 )までお問合せください。

( いちょう通り接骨院:各務原市蘇原新栄町1-71-5  ビデオレンタルゲオ各務原蘇原新栄店,東側駐車場の道向かいです。 )

交通事故専用ダイヤル

受付・施術時間

 
午前 -
午後 -

【受付時間】
午前 7:30 ~ 午後 1:00
午後 3:00 ~ 午後 9:00
※ 緊急の場合は受付時間外にも対応いたします。

【施術時間】
午前 8:00 ~ 午後 9:00

【定休日】
日曜日と祝日です。
( 定休日も対応可能な場合がありますのでお気軽にご相談ください。)

所在地

〒504-0855
岐阜県各務原市
蘇原新栄町1-71-5

名鉄六軒駅から北へ徒歩15分
バロー中央店を超えビデオレンタルGEO(ゲオ)の東駐車場から目の前に看板が見えます。

058-322-6201

お問合せ・アクセス・地図

PageTop